リサイクルトナーカートリッジを通して環境保護に貢献する一般社団法人日本カートリッジリサイクル工業会

環境貢献

LCA活動

現在、国内におけるリサイクルトナーカートリッジの占有率は約23%であり、幅広いユーザーに使用されています。しかし、リサイクルトナーカートリッジが環境面にどの程度配慮されているか等、製品のライフサイクルにおける定量的な指標がありませんでした。

AJCRではリサイクルトナーカートリッジの環境負荷。特に、CO2の排出量(地球温暖化影響)についてLCA(Life CycleAssessment)の手法を用いて会員企業から集めたデータを基に、数値化されたCO2排出量を把握しています。

 

さらに、2016年を目標年として3年間でリサイクルトナーカートリッジ1本当たりのCO2排出量を3%削減する目標を立て、継続的な環境負荷の低減に努めてきました。

その結果、2016年の実績としては目標を大きく上回る約7%削減を達成しました。その結果が評価され、

引き続きさらに環境負荷削減をするべく、2020年を目標年として3年間でリサイクルトナーカートリッジ1本当たりのCO2排出量を3%削減する目標を立て、取り組みを進めています。

リサイクルトナーカートリッジの製造サイクル

AJCRのCO₂排出量削減目標の達成状況

(ライフサイクル温室効果ガス排出原単位基準)

 ●CO₂排出量の2016年実績値は基準値と比べて7%減となり目標を達成しました。

 ●主な削減要因は、生産努力(再生工程における省エネ、生産性向上)が6%程度、販売構成の変化(A4機種増加等)が1%程度と推定されます。

 ●2015年実績値と比べると2016年実績値は増加しています。この理由について、何らかの大きな要因があるわけではなく、影響の小さな要因の積み上げによるものと考えられました。

 ●引き続きCO₂排出削減活動を推進いたします。

リサイクルトナーカートリッジの1本当たりのCO₂排出量

リサイクルトナーカートリッジには多様な品種があり、その全ての品種についてCO2排出量を算定するのは多大な労力がかかります。
その為、AJCRでは「サイズ/カラー/ドラム方式」のカテゴリ別に「最も代表的」と思われる品種を選定し、リサイクルトナーカートリッジの1本当たりのCO2排出量を算定しました。
これらの算出結果は、利用者の方の利便性を考えLCA日本フォーラムデータベースLCAソフトウェアMiLCAにて公開しています。

図:リサイクルトナーカートリッジの1本当たりのCO₂排出量(カテゴリ別/代表品種)単位: [ g-CO₂ eq./本 ]

 注)A3一体型モノクロのグラフは2機種で調査

リサイクルトナーカートリッジのCO₂排出量算定方法

代表品種のCO2排出量の算定範囲はライフサイクルで算定しました。

( 資源採掘 → 部品生産 → 組立 → 出荷・輸送 → 使用済み製品回収・輸送 → 廃棄処理)

この算定に関しては、産業環境管理協会のLCA実施支援を受けています。

図:リサイクルトナーカートリッジのCO₂排出量算定範囲

※上記の「リサイクルトナーカートリッジの1本当たりのCO2排出削減量」と「リサイクルトナーカートリッジの1本当たりのCO2排出量」は算定方法が異なります。