リサイクルトナーカートリッジを通して環境保護に貢献する一般社団法人日本カートリッジリサイクル工業会

環境貢献(CO2削減)

LCA活動

現在、国内におけるリサイクルトナーカートリッジの使用率は25%*あり、幅広いユーザーに使用されています。しかし、リサイクルトナーカートリッジが環境面にどの程度配慮されているか等、製品のライフサイクルにおける定量的な指標がありませんでした。

AJCRではリサイクルトナーカートリッジの環境負荷。特に、CO2の排出量(地球温暖化影響)についてLCA(Life CycleAssessment)の手法を用いて会員企業から集めたデータを基に、数値化されたCO2排出量を把握しています。

 

さらに、2016年を目標年として3年間でリサイクルトナーカートリッジ1本当たりのCO2排出量を3%削減する目標を立て、継続的な環境負荷の低減に努めております。

*数値は社団法人電子情報産業協会調べの市場調査報告書と当工業会の会員出荷数統計に基づき算出

リサイクルトナーカートリッジ1本当りのCO2排出量の削減値

E&Qマーク付リサイクルトナーカートリッジをご利用いただくことにより、1本当りのCO2排出量を約3.4kg-CO2削減できます。

2016年度のAJCR会員企業全体の年間生産量に対するCO2削減量は、約1万7,370t-CO2でした。

※削減値の根拠は、代表的なA3のモノクロトナーカートリッジで全てのパーツを新しく生産した場合と、純正品をリユースした場合のCO2排出量差から導き出したものです。(AJCR試算)